週末はあの場所へ帰ろう

艦船撮影、自転車、登山などのその時々の趣味を記載するブログ。

【雑記】いつかはチャレンジしたい 富士山登山ルート 3776

先日、六甲山ヒルクライムして、今の体重では高い山のヒルクライムは無理という事が判明。。。
とはいえ、夏季休暇なので、普段行けないところに行きたい。
でも、どこも人が多く、今からではホテルの予約も出来ず、仮に出来てもかなり高額。。。


さらにはこの暑さ。
単純にロングライドするには辛い。
でも、夏だからこそ、高い山への登山が出来るという事に最近、気がついて連日、調べまくる。


私の登山は、ゆるキャン△ロードバイク✕登山】という組み合わせがきっかけ。
過去、乗鞍と剣山(と六甲山)に登っていますが、これ、両方とも海抜20m前後から山頂まで自力で登っていますw
この方法、かなり大変ですけど、代わりに高山病にはならないし、心の中では、結構、自慢してたります。
一方、欠点は、登山中は当然ながらロードバイクを駐輪しないとダメなわけで、まあ、盗難が気になるわけです。
ただ、重いチェーンロックは持ち運べないので、盗難は覚悟の上だったりします。

さて、この自力で全行程を登るというのの究極は何かといえば、
日本一の富士山に五合目からではなく、海抜0mから登る事でしょう。
という事で、本記事の本題は↓

富士山登山ルート3776 | 富士じかん

私は、今までの人生で富士山は登った事が無いので、これは良いやと思って調べたのですが、
1.富士山に登れる期間は短い(7~9月)
2.富士山登山ルート3776の推奨コースはぼっちだとテント必須(宿泊先にキャンプ場がある為)
3.御来光は厳しいかも
4.お盆休み等は山頂付近で渋滞する
5.登山ルートが整備されており、山小屋も他の山に比べて多い(実は、登山としては結構、登りやすい環境が整っている)
などなど。
今年は、富士山に登れるとしたら、この夏季休暇しかない。

ただ、いきなり3776は流石に無謀。
とりあえず五合目までバスで移動しての一般的な富士山登山かなぁっと。

さて、山小屋の予約とか足りない登山装備とか整えられるかなぁ。

※ロードとかアウトドアの趣味を持っている30代独身者って実は少数派なのかなぁ。
既婚者だとマイカーを所持されていたり、BBQから入ってアウトドアを趣味にされている方はそれなりにいらっしゃるみたいなのですが。