週末はあの場所へ帰ろう

艦船撮影、自転車、登山などのその時々の趣味を記載するブログ。

2022.08.07【船活】海上保安庁「横浜海上防災基地」一般公開

8/7(日)、晴れ。

昨日に続き、本日も横浜みなとみらいへ。

お目当ては、海上保安庁横浜海上防災基地」の一般公開。

昨今の事情で基地の一般公開だけでもすごいのに巡視船の見学も有りという噂だったので、かなり気になっていました。

(清水港の清水マリンフェスタでは、航空自衛隊の飛行展示が予定されていたので、実はどちらに行くか迷ったw)

 

一般公開は、午前10時から午後4時ですが、まあ、午後は暑さ的に厳しいので午前に参加。

何気にはじめて敷地内に入りました。

 

見学ができるのは、↓の巡視船「いず」。

見学は、甲板だけかと思いきや船内見学もOKでした(いやーすごい

浦賀水道の海図

Nikonの双眼鏡。かなり年期が入ったものに見えましたが、かなり丈夫なんでしょうね。

船外も巡視船、巡視艇ばかりですごい光景。

甲板には、ヘリも展示されていました。

 

巡視船の見学の後は、防災基地内を見学。

訓練施設は、かなり充実している印象でした。

 

今回、はじめて海上保安庁の基地を見学しましたが、なかなかすごいですね。

特に横浜海上防災基地は、全国的にみても大きな基地だと思うので、そこを見学出来たのは大きい。

 

最後は、横浜大さん橋に接岸していた自動車運搬船を撮影。

(一応、離岸風景も動画で撮影)

 

暑い日でしたが、満足な1日でした。

2022.08.06【船活】うみ博2022

8/6(土)、晴れ。

今日は、お船関係のイベントが多い。

 

・横須賀地方隊開隊70周年記念サマーフェスタ2022(護衛艦「きりしま」、「そうりゅう型潜水艦」砕氷艦「しらせ」)
・横浜 うみ博2022                         

・清水マリンフェスタ護衛艦「あまぎり」)

 

護衛艦を撮影するなら、横須賀か清水なんだけど、人が多そう・・・

という事で横浜のうみ博2022の方に決定。

こちらは、横浜大さん橋に自動車運搬船が接岸するので、これはこれでレア。

他の船舶も船内見学はないですが、接岸してくるので

 

国土交通省 清掃兼油回収船「べいくりん」

大さん橋の隣に接岸した「べいくりん」。

昨年に先代の「べいくりん」は売却されたみたいで、今回は新造船の方。

岸壁からの撮影でしたが、近くから見れて良かった。

 

日本郵船「Demeter Leader」

メインは、こちら。

10:30に横浜航路に入船して、11時過ぎに接岸でしたが、

そちらを撮影。

3つもイベントが重なったので、こちらは少ないかと思ったのですが、

接岸シーンを撮影している方は、そこそこいましたね。

 

 

2022.07.31【船活】機材更新、東京竹芝桟橋で撮影

7/31(日)、晴れ。

 

6月にLumix S1とレンズを売却して約2ヶ月。

悩んだ末に、結局、カメラ沼から抜け出せず、買い直ししました。

 

購入したのは、SONYのa7s3。

オーディオもZOOM F3を導入(実は、かなり以前に購入していた)。

 

とりあえず、以下のような装備が完成。

■機材一覧

SONY a7s3
タムロン 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Model A071)
ZOOM F3
ベリンガー社 C-2ステレオペアマイク
SmallRig Sony Alpha 7S III用ハーフケージ 3639
SmallRig コールドシューマウントアダプター 1631
SmallRig 15mm径シングルロッドクランプ 860
SmallRig NATO互換レール付き15mmロッドクランプ 3011
SmallRig 15mmロッド
MOGAMI モガミ 2534 XLRマイクケーブル NEUTRIK 金メッキ (0.5m) x2
φ3.5mm ステレオミニプラグケーブル 30cm

 

これの狙いは、東京竹芝桟橋や横浜大さん橋などからお船撮影するため。

 

という事で、機材が揃ったので、東京竹芝に行ってきました。

お船撮影でオーディオに拘ったのは、カッコいいジェット船の音を撮影する為だったのですが、考えが足りなてなかったのは、装備が派手で一目につきまくる点w

 

東海汽船 「セブンアイランド友」

東海汽船は、夏ダイヤでジェット船も4隻運航。

ただ、連日の暑さで屋外に居られるのは、まあ、30分が限界。

入出港時だけ外に出て、後は屋内に待避が基本。

 

東海汽船セブンアイランド大漁

増発便を担当していたと思われるのが大漁さん。

 

東海汽船「セブンアイランド愛」「セブンアイランド結」

まさかのジェット船2隻の同時入港を撮影できました。

さすが、夏ダイヤw

↓この画像が一番のお気に入り。

 

東海汽船「さるびあ丸」

離島への航路に加え、東京湾納涼船として運航される「さるびあ丸」。

この日は、東京西航路の信号管制に引っかかって竹芝接岸が遅れた様子。

↑のジェット船2隻の接岸と同時に「さるびあ丸」も接岸作業をしていました。

8月は、朝か夕方どちらか撮影するのが良さげでした(丸1日は暑さ的にキツイ)

 

最後に今回の機材の感想など。

a7s3は、動画機なので写真は、まあ、おまけなのですが写りは満足。

 

動画の方がファイルサイズが結構大きいので動画モードの設定に気をつけないと。。。(むやみに最高画質設定とか駄目)

後は、細かい設定ですね。

今回は、ISOをAUTOにしていたのので、19:15の東京湾納涼船としての「さるびあ丸」出港時の撮影を失敗してました。。。

 

タムロンの28-200mmもいわゆる便利ズームですが、使い勝手はかなり良い。

広角でF2.8あるし、200mmまで望遠できるしで登山に持っていくつもりで買いましたが、写りも満足。

欠点は、レンズの手ブレ補正が無い点とズームリングが少し回しにくい点かな?

手ブレ補正が無い点は、三脚かジンバルでカバーするしかない。

ズームリングの方はインナーズームではないのでまあ、仕方ない。

ただ、価格を考えるとかなり性能が良いです。

 

後は、ZOOM F3での録音結果がどうかですね。

このブログを書いている時点では、動画編集まで出来ていないので、結果が楽しみ。

2022.07.18【登山】海の日に大山に登る

7/18(月)、三連休最終日。

家で引きこもっていようとも思ったのですが、

昨日、山中湖、河口湖を訪れたのに登山しなかった事が心残りで、

やっぱり、登山しようという事で神奈川県民にはお馴染みの大山登山する事にしました。

 

この日、海上自衛隊 館山基地では、ヘリフェスタが開催されたり、

館山港でもイベントがあったのですが、カメラ持ってないので悩んだ末にスルー。

 

自宅最寄り駅から、小田急線に乗り換えて、伊勢原駅まで。

伊勢原駅からは、神奈川中央交通バスで大山ケーブル(終点)まで乗車。

大山行きは、土日祝日は、1時間に3本以上が運行されているので、利用客は多い路線です。

この日も伊勢原駅前のバス乗り場は、行列が出来ていました。

とりあえず、ケーブルカーは使わずに登山開始。

大山の登山道は、整備されているので迷う事はないのですが、とにかく階段が多い。。。

 

 

各休憩ポイントは、↓のようにそれなりに人がいましたが、

まあ、私自身のペースはかなりゆっくりペースで、とにかく膝や腰に負担が掛からないように意識して登山していました。

5分でもいいから休憩すると体力というか筋肉の疲労が回復したなっというのを実感できるのが良いところ。

 

大山山頂まで、特に身体に痛み等はなく、登りきれました。

ただ、山頂に到着したときは、辺り一帯はガスっていって絶景は拝めず。。。

でも、結構、涼しいかったのでそれはそれでOKかなぁ。

後、山頂付近で今年始めて、セミの鳴き声を聞いたのと、山頂付近の方が虫が多かったw

やっぱり、下界は暑すぎますね。

 

山頂に着いた時は、ちょうどお昼だったので、

カレー(800円)と水(400円)を頂きました。

おそらくレトルトカレーなのでしょうが、やたら美味しかった。

 

山頂には30分程で下山開始。

下山で来た道を引き返すのは嫌だったので、見晴台方面から。

 

下山時は、とにかく膝に負担が掛からないように、前日にYoutubeで予習しておいた、疲れない登山の歩き方講座の内容を意識していました。

 

見晴台でようやく、絶景に出会えたのですが、スマホのカメラでは焦点距離が広角なのが残念。

 

大山阿夫利神社に戻ってきた時には、15時ぐらい。

膝や腰も痛くはなかったのですが、足の裏に違和感が。

このまま下山したかったのですが、足の裏の皮が捲れると次の日がキツイので、

ケーブルカーで下山しました。

(家に帰って足の裏を確認したら、やっぱり、ケーブルカーを使って正解でした。そのまま、徒歩で下山してたら、水膨れして皮が捲れていました)

 

↓stravaの記録。

久しぶりに標高1000m超えで、かなり満足。

 

登山でカメラを持っていくとしたら、レンズはどの程度の焦点距離が良いのかなぁと考えてみましたが、標準~望遠かなっと。

星とかは、少なくとも今は、撮影しないので、広角よりは標準域ですね。

 

※今年は、富士山か乗鞍岳か、

 最悪、伊豆諸島のどこかの島で宿泊して星撮影とかしたいなぁっと考えています。

2022.07.17【御船印】富士汽船&富士五湖汽船

7/17(日)、雨のち晴れ。

三連休の2日目。

当初、三連休で予定していたのは以下。

①当選していれば、舞鶴で行われる海上自衛隊の展示訓練参加、

②ダメなら、静岡県清水港の練習艦「 はたかぜ」、訓練支援艦「くろべ 」の見学

 

①は、まあ、ホテルの予約はしていたのですが、ハズレるだろうと思っていたので、本命は②。

ところが、またしてもコロナの第7波で見学も中止になりました。。。

 

という事で、いつか行こうと思ってたのですが、

なかなか機会と行く気が起きなかった、関東近郊の御船印集めをする事にしました。

目的地は、山中湖と河口湖で運行されている遊覧船。

山中湖の方が、 第三七番社    富士汽船 の遊覧船「白鳥の湖」。
河口湖の方が、 第三九番社    富士五湖汽船の河口湖遊覧船「天晴」。

どちらも限定の御船印を配布中という事もあって、今がチャンスかなぁっと。

 

自宅を朝5時すぎに出発。

まずは、自宅最寄り駅から出発して、御殿場線御殿場駅へ。

 

ここからは、富士急行バスに乗り換え。

まだ朝7時半ぐらいでしたが、多くの登山客、観光客で賑わってました。

(どの山に行かれるのだろうか?富士山なのかな?)

 

まずは、山中湖を目指します。

1時間ぐらい乗車して、旭日丘バスターミナルで下車。

 

ここから徒歩で移動して、まずは、富士汽船の遊覧船「白鳥の湖」。

お目当ての、御船印。

ゆるキャンの方は、7月下旬までの限定販売。

(これをネットで見たのが今日の予定を計画したきっかけだったりしますw)

 

スタンプラリーもやっていたので一応受け取りましたが、結局、参加はせず。

ヲタですが、クリアファイルの為に予定外の行動はもう、しませんねぇ。

まあ、等身大パネルぐらいは、撮影しますけどw

遊覧船「白鳥の湖」。

白い船体なので、どうしても汚れがつきやすく目立ってしまうのが残念ですね。

(船内はかなりキレイです)

天気も雨からそろそろ晴れるかなぁ?ってタイミングでしたが、雲が多くて富士山は全く見えず。。。

 

下船後は、ゆるキャンのスタンプラリーの場所にも寄ってみましたが、まだ、開店しておらず。

等身大パネルだけ撮影して退散。

 

水上バスに乗船すると、スタンプがもらえるのですが、こちらはかなり混雑しており、かつ座席指定みたいだったのでお一人様で乗船するのは気が引けて断念。

こちらも等身大パネルのみ撮影。

 

この後は、また富士急行バスに乗って、河口湖に移動。

この辺、道が狭い割に交通量が多くてバスの運転手さんは大変だなぁっと思いながら乗車していました。

バスは、河口湖駅まで。

駅から、河口湖遊覧船「天晴」の乗船乗り場までは徒歩で移動。

観光客は、河口湖の方が多かったですねー

 

 富士五湖汽船の河口湖遊覧船「天晴」の御船印も無事ゲット。

こちらは、温泉むすめとのコラボみたいです。

 

河口湖に到着した頃には、雨は完全に上がって晴れ間が見えたのですが、残念ながら富士山は見えず。。。

 

ここまで来たのだから、やっぱり、登山がしたかったですね。

観光地をぶらぶらするつもりはないので、下船後は、河口湖駅に戻って帰宅の途に。

帰りは、富士急行に乗車しました。

運良く、ゆるキャン仕様の車両に乗車できました。

普通だったので、1時間掛かってJR 大月駅に移動。

ここから中央線で八王子に出て帰宅。

帰宅途中でmont-bellに寄ったりしましたがw

 

欲しかった御船印はゲットできたのですが、

これだけだとちょっと勿体なかったですね。

 

後、荷物になってもいいからカメラが必要ですわ。

スマホで撮っても味気ない。

 

三連休3日目の海の日はどうするかなぁ。

 

 

 

2022.07.03 週末は引きこもってカメラの事を考える

7/3(日)、晴れのち曇り。

この週末は、自宅でエアコン付けて引きこもってましたw

カメラがあったのなら、艦船の動きをチェックして横浜とか横須賀に行くのですが、カメラが無いとそのモチベーションが起きてこない。

 

とりあえず、カメラ無しで1ヶ月過ごしましたが、スマホでは満足出来ないのでやっぱりカメラを買うかなぁ。。。

色々、妄想してますが、

①とりあえず、Lumixは止める(ライカとの協業→おそらくパナから身売りされるので将来性が×)

②欲しいレンズがあるか、サードパーティのレンズがあるか

 

Nikonは、海上自衛隊で使用されているので気になるのですが、とにかくZマウントのレンズが高いので手が出せない。

次は、フジのX-H2sなんですが、APS-Cというのを除いても高感度耐性は良くなさそう(代わりにセンサの読み出し速度がスゴイ)。

Canonは、あのボディデザインが嫌いなので検討外。

OMは、7月に値上げしたばかりなので除外。

 

残るのは、SONYかなぁ。。。

という事を考えると、Lumixに戻りそうになるのですが、やっぱりAF性能がキツイ。

普段、お船撮影なのでAFと手ブレ補正の両方が欲しいのですが、Lumixだと最高速で航行しているジェット船でもAF外すんですよね・・・

S PROレンズのダブルフォーカス機構入りでもダメだったので、戦闘機とかはかなり厳しい。

と色々、考えてたりYoutube見たりしていますが、まだ決めかねています。

 

そういえば、最近、ふと思ったのですが、

私は一人身なので、まあ、カメラとか高額の趣味に手を出しても何とかなってますが、世の中、結婚されて子供がいて、家や車もある方が少なくとも私の世代は多い。

 

そんな中で、カメラとかロードバイクとかの高額趣味(カメラは仕事という線もあるか)も両立されているのは、本当にスゴイなぁっと。

密かに尊敬していたりします。

 

2022.06.25 船活 スカイウォークから「さるびあ丸」を撮影

6/25(土)、猛暑。

本日、リニューアルオープンした横浜ベイブリッジ・スカイウォークから、

東海汽船「さるびあ丸」のベイブリッジ通過シーンを撮影するべく、

横浜の大黒ふ頭へ。

 

「さるびあ丸」の横浜ベイブリッジを通過時刻は17:30過ぎなので、

自宅を出発したのはお昼過ぎ。

 

ちなみに、昼間に大黒ふ頭に行くのためには、

鶴見駅から路線バス(1時間に1本)のみですw

横浜駅から109系統は、昼間の本数はかなり少ない)

この日は、いつもと違ってスカイウォークに行く方が多数、乗車されていました(珍しいw

 

↓スカイウォークのフェンスには、所々にレンズを突っ込める穴があります。

但し、遮蔽効果は皆無なので、風等の影響はモロに受けるので、秋、冬は厳しいかも。

 

展望台のスカイラウンジは、↓のようにガラス張りで傾斜があるので、

カメラで撮影する際に反射対策が必須なのですが、斜めなのでちょっと厳しい。

ただ、建物内なので、エアコンは効いていますw

 

↓は、大黒ふ頭

ここに自動車運搬船が4隻同時接岸出来るので、いつか撮影したい。

 

17:45になると閉館のアナウンスが流れるので、「さるびあ丸」撮影は、時間的にかなりギリギリです。

焦点距離26mmのスマホでちょうど良い感じの画角でした。

うーん、望遠レンズ以外に広角レンズが必要ですなぁw

 

冬の空気が澄んでいて、雲がなければ横浜ランドマークタワーの横に富士山が見えるはず。

↓はスカイウォークからではなく、大黒ふ頭西緑地から撮影。

 

「さるびあ丸」の横浜寄港は、6月で一旦終了。

次回は、10月以降なのですが、スカイウォークは10月以降の開館予定が未定。

おそらく閉館時間が現状の18:00から早まると思うので、「さるびあ丸」撮影は厳しいかもしれない。。。